BASF、中国でポリエチレン新工場起工

BASF (ドイツ・ルートヴィッヒハーフェン)は、中国・湛江のフェアブント(Verbund)工場でポリエチレン(PE)プラントの起工式を行った。年間50万トンのポリエチレン生産能力を持つこの新工場は、急成長する中国の需要に対応する。プラントの稼動は2025年を予定しています。

ポリエチレンは、エチレンから製造される軽量で汎用性の高い熱可塑性ポリマーです。頑丈な貯蔵タンクやパイプラインから軟包装やフィルムまで、幅広い用途で使用されています。

戦略的に顧客の近くに位置する湛江のフェアブント拠点は完全に後方統合されており、特に華南市場において、パイプ、特殊フィルム、家庭用および工業用化学容器のブロー成形部品など、幅広い耐久性のある用途向けに高品質で信頼性の高いPE製品を提供しています。

https://www.pudaily.com/Home/NewsDetails/37864

Share Please!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる