中国での冷蔵貯蔵産業でのPU断熱材の動向

ニュースアイキャッチ画像

中国でのコールドチェーン産業は農作物、加工食品、医薬用と向け等の需要な急激な高まりにより、2015年以降年率10%以上の成長性を示しており、2020年時点では凡そ7,000万トン弱の物量が扱われていると推測される。特に近年では2020年初頭からの「生鮮食品のeコマース」需要の急激な高まりが寄与している。

この冷蔵貯蔵庫での断熱材として幅広くPUが使用されており、現在はスプレーとサンドイッチパネルの比率が凡そ半々だが、今後はコスト競争力の観点からパネルの採用が70%程度まで高まると考えられる。

中国の1人当たり換算の冷蔵貯蔵施設の整備率は0.13㎥で米国の0.49㎥に大きく劣り、今後PU断熱材市場のいてもまだまだ拡大の余地が大きいとみられている。

元記事はこちらApplication Introduction of Polyurethane Thermal Insulation Material in Cold Storage Industry

Share Please!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる